無料iOSアプリ "フットサル ルールと雑学" スクリーンショット

フットサルプレイヤー必携の無料iOSアプリ 「フットサル ルールと雑学」とは?

ミニサッカーとも呼ばれ、人工芝の専用コートも多く見かけるフットサル。
1994年に統一ルールが制定された"室内サッカー"だということ、
ご存知でしたか?
本iOSアプリ「フットサル ルールと雑学」は、フットサルとサッカーの違い、
フットサルの歴史、フェイントなどのテクニックをクイズ形式で楽しく学べる、
フットサルプレイヤー必携の無料アプリです。

App Store

問題・解説の作成は、年間 2500 以上のフットサル大会を企画・運営する
ヴァンクールスポーツとJFA公式審判員により行い、
競技規則に載っているルールだけでなく、
実際のプレー中に起こる珍しい事例まで問題に盛り込みました。

ヴァンクールスポーツ大会風景

無料iOSアプリ "フットサル ルールと雑学" スクリーンショット

解説文には自由に3色のマーカーを引くことができ、覚えておきたいフレーズを一覧から素早く見つけることができます。

操作は簡単!!マーカーを引きたいところから、ダプルタップ、もしくは長押しし、
範囲を選択したら、「黄色」「赤色」「青色」を選択します。

3色のマーカー操作方法

3色のマーカー操作方法

無料iOSアプリ "フットサル ルールと雑学" スクリーンショット

問題は以下の4カテゴリーに分かれて出題されます。

ルール基礎編
基本的なルール、フットサルとサッカーの違いに着目した問題など 34問。
ルール応用編
公式大会におけるルール、ちょっとイレギュラーな事例など 28問。
歴史とFリーグ
フットサルの歴史、FIFAワールドカップ、Fリーグなどの知識が試される 64問。
テクニック編
戦術やフェイントテクニックなど。ポルトガル語の知識も要求される? 20問。

「フットサル ルールと雑学」 問題作成ストーリー

問題の制作にあたっては、まずはヴァンクールスポーツスタッフそれぞれ
が所属するフットサルチームメイトからランダムに問題を募集しました。
その後、スタッフ数人で修正アレンジを繰り返し、問題を仕上げていきました。
苦労した点は…
正直かなり苦労しました。最初は1ヶ月間ほどで仕上がると思っていたのに、
終わってみれば4ヶ月間を費やしていました。
正解とその解説を作成することは、それほどに大変ではないのですが、
不正解の選択肢を制作すること、そしてその解説文を作成することが
想像以上に大変でした。
また、解説に間違いがないように、すべての解説ごとに裏付け確認の連続。
しかも、複数のスタッフで何重かの確認作業。(気が遠くなる~)
そして最後は文章のチェック。これも、複数スタッフで何重にもチェックを繰り返しました。
そんなこんなで、問題制作開始から4ヶ月間ほどで完成に至りました。
今となってはすごくよい経験ができましたし、ルールや歴史についても再確認できました。
ここで得られた知識は今後のヴァンクールスポーツ主催大会にも生かせるはずです。
このアプリを利用して頂き、少しでも多くのフットサルプレーヤー、
フットサルフリークの方々にさらにフットサルが好きになって頂けたら幸いです。

無料iOSアプリ "フットサル ルールと雑学"

このアプリでフットサルの知識を深め、より一層フットサルを楽しみましょう!

本アプリに関するご意見・ご要望や、
問題・解説に関する疑問などありましたらぜひお寄せください。

vainqueur sports mail

Page TOPへ